投資顧問会社をよく知って、きちんと味方につけておくことで、仕手株などの特殊な投資方法を選んだ場合にも、有益な行動を選択することが可能になってきます。投資顧問会社が損失を補ってくれるわけではありませんが、知って損はないですよ。

投資顧問はどこのネット証券でも適応可能

投資顧問を利用する時にどこのネット証券を使用していても問題ないのだろうかと考える人もいるかも知れませんが、基本的に証券会社によって投資顧問の助言が使える使えないということはありません。
投資顧問では投資に対するアドバイスや株価の動向などを助言してもらうことができるので、その銘柄の売買さえできれば助言を役立てることができます。

そして多くの場合投資の対象となるのが、東証やマザーズ、ジャスダックといった取引が活発に行われている市場の銘柄に対して助言を受けたりすることが多いので、これらの市場を取り扱っていないという証券会社は無いため特に問題なく助言をいかすことができるものとなっています。
ただし、証券会社の中には札証や名証、福証といった地方証券取引所の銘柄は扱っていないこともあるので、そのような場合投資顧問からそれらの市場に上場する銘柄の助言を受けたとしても取引をすることができないわけですから、役立てることができないことはあります。

そのため、地方証券取引所で取り扱われている銘柄の相談をしようと考えているのであれば、まず使っているネット証券で取り扱いがあるのかを確認してから、相談をするようにしましょう。
投資顧問に助言を受ける際にネット証券のことで気をつける点としてはこのような部分にあり、それ以外のことに関しては手数料が安かったり取引ツールが充実していたりすることもあり、取引をするのにネット証券というのは非常に便利なものであるため、有効活用をしてみるとよいでしょう。
投資というのはリスクがつきものですから、投資顧問に相談をすることによって見落としがちなリスクなどを確認して投資をすることができるため、リスクを抑えて投資をすることができます。