投資顧問会社をよく知って、きちんと味方につけておくことで、仕手株などの特殊な投資方法を選んだ場合にも、有益な行動を選択することが可能になってきます。投資顧問会社が損失を補ってくれるわけではありませんが、知って損はないですよ。

ピクテ投信投資顧問香港についての情報

近年、いわゆる「中国株」の活発化にともなって、外資系の投資に興味を示す投資家さんが増えてきています。プロフェッショナルの投資家に限らず、一般投資家もそういう方向性で資産運用の場を求めているわけですから、これはもう一過性のものとは言えず、本格的に外国株が日本人投資家によって買われる時代に突入したといえるでしょう。
そうなってくると、日本だけではなく、海外に拠点を持つ投資顧問会社の存在が非常に大きな影響力を示すことになります。今回は、そんな海外投資顧問会社について触れてみたいと思います。
「ピクテ投信投資顧問香港」は、香港に拠点を持つ投資顧問会社です。とは言っても、ピクテ投信投資顧問香港はもともと「ピクテ投信投資顧問株式会社」という日本の投資顧問会社の支店として香港に設立された会社です。
ピクテ投信投資顧問株式会社は、ピクテ投信投資顧問香港だけではなく、アジア圏ではシンガポールに支店を持ちます。他にも、欧米圏の主要都市には数多く進出しているのがピクテ投信投資顧問株式会社で、そういった意味では、単に中国株の勢いに目を付けたというだけにはとどまらない、グローバルな活動が目につく会社です。
しかしやはりピクテ投信投資顧問香港では、中国株や香港株に関する投資顧問事業が当然メインになっていますので、多くの日本人投資家も、ピクテ投信投資顧問香港は比較的利用しやすい投資顧問会社なのではないかという印象があります。
インターバンク市場が開放された影響もあって、今後さらにグローバルなトレードに期待感が高まっている現在ですから、ピクテ投信投資顧問香港をはじめとするピクテ投信投資顧問グループは、今後も大きな役割を担うことになるでしょう。